« キャラメルチーズプリン:アンデイコ | トップページ | 国立科学博物館・上野本館 »

大魔王ジョロキア:東ハト

Tdj01 Tdj02
★★★
新・世界一辛いトウガラシ“Bhut Jolokia”(バフット・ジョロキア)を使用したスナックが、「大魔王ジョロキア」。“Bhut Jolokia”は、インド原産の激辛トウガラシで、ハバネロの約2倍のスコヴィル値を記録して、“The world’s hottest spice”としてギネスに公認されました。“Bhut Jolokia”の名は、「幽霊のトウガラシ」を意味しています。「大魔王ジョロキア」は、生地にジョロキアのペーストを練りこみ、その挑戦的な辛味を存分に活かした酸味のあるチリソース味をベースに、隠し味としてレモングラスの風味を加え ました。「超暴君」のギザギザリングに対して、フラットなリングにすることで食感も差別化。噛むほどにこみ上げてくる辛さは「暴君ハバネロ」に勝るとも劣らず、徹底的に辛さを追求した新しいウマ辛スナックです。

「暴君ハバネロ」が生誕4周年を迎え、最凶のライバル「大魔王ジョロキア」が誕生しました。世界一辛いトウガラシ「バフット・ジョロキア」を使用したポテトスナックでひとくち食べてもそれ程は刺激が強い辛さではないのですが食べ続けると発汗作用が凄い。体は熱くならないのに汗が流れ出てくる不思議な感覚で、唐辛子やハバロネとはまた違った辛さが面白いです。激辛マニアの人には全然物足りない辛さだと思いますがこれ以上辛いのはキツイ!同時に発売された「超暴君ハバネロ 辛さ 2.0倍」も試してみようと思います。
(小さいお子様や辛いものに極端に弱い方はお気をつけください)

大魔王ジョロキア
278.7kcal / 51g / 103円
10月29日発売・コンビニ限定商品
製造者:東ハト(株) 0120-510810
http://tohato.jp/products/habanero/
ブログランキング・にほんブログ村へ 031nbllogo ブログランキング

|

« キャラメルチーズプリン:アンデイコ | トップページ | 国立科学博物館・上野本館 »

コンビニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401895/8732481

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王ジョロキア:東ハト:

« キャラメルチーズプリン:アンデイコ | トップページ | 国立科学博物館・上野本館 »